【ソフトバンクBBからのお知らせ】
携帯電話に関するパブリックコメント参加のお願いという一瞬、怪文書かSPAMかと思う文書がメールに届く。
しかも、社長の孫正義さんからだ。

要は、携帯で使用する800MHzの電波帯の割り当てにソフトバンクの参入を許可すべきという意見を総務省に入れてほしいのだ。

しかも、9月6日(月)の17:00までに「総務省」に意見をしてほしいというお願いだ。本日じゃないか!

配信日は9/3(金)だから、ソフトバンクも8/6に総務省から提案されてたことについてのアクションが遅すぎる。月曜日に開けた人も多いのではないだろうか?

きっと、孫さんの号令一発でこのキャンペーンが決まったことだろうけど、ソフトバンク社内が孫さんにその情報をあげるのに一ヶ月近くも躊躇し、かかっているとしたら、大きな問題であろう。

こちらとしては、携帯電話代金を安くしたいので、意見してほしいと突然言われても、知識がない人には意見の仕方がわからない。せめて、意見のパターンや例を示し、どのように意見すればいいのかをもっと具体的に示すべきだろう。

しかし、日本のインターネットがここまで安くなった功労者でもあるソフトバンク社なので、ここで法案が決まってしまうと、携帯電話がいつまでたっても安くならないので(平成24年までらしい…)、応援したいと思う。

要は簡単にこの文面をおくればいい
(もちろん、自由に意見してもらえればいいのだが)
時間がないので、意見をださないと、今のまま新規の参入が認められないのでだすだけでもいいと思う)。

P.S.孫さん、もっと早くお知らせしてよね。

---------------------------------------

【送信先】
imt2000@soumu.go.jp
(メールタイトル) 
800MHz 帯におけるIMT−2000周波数の割当方針案に関する意見
(メール様式)



平成16年9月6日
 

総務省総合通信基盤局電波部
移動通信課 殿



郵便番号     
住 所       
電話番号
氏 名




800MHz 帯におけるIMT−2000周波数の割当方針案に関する意見


(ご意見)

800MHz 帯におけるIMT−2000周波数の割当に関して、免許を付与する企業をもっと検討すべきではないだろうか?



(その理由)

現在、免許を付与されている二社だけでは、競争原理が働きにくく、市場のニーズにこたえられていない。


---------------------------------------