佐野氏の管理のもと複数のデザイナーと共同で制作したもので、デザインの一部について第三者のデザインをトレースしていたことを確認したという。佐野氏はサポートのデザイナーから渡されたものがトレースしたものだったことについて「想像すらしていなかった」とし、「社内での連絡体制が上手く機能しておらず、私自身のプロとしての甘さ、スタッフ教育が不十分だった」として謝罪した。
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1508/15/news016.html ">http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1508/15/news016.html



ついに【トレース】という表現で、パクリが認められた。

しかし、トレースとは、コピーするために上からトレペ【トレーシングペーパーをペーパー】をかけて、なぞり書きする行為を表す。

コピペ【コピーアンドペースト】は、トレースという言葉に置き換えてはいけない。

【トレース】ではなく、【コピー】【流用】という言葉の使い方が適切な使い方だろう。

そして、スタッフの責任は会社の責任、会社の責任は、代表者の責任である。

社内での連絡体制の機能の問題ではなさそうだ。




http://www.mr-design.jp/">http://www.mr-design.jp/