588225f8.JPG2005年08月19日(金)未明、東京都・渋谷区でKandaNewsNetwork,inc,代表の神田敏晶氏が、経営するIT BARの入居するエントランス部分で、ふと意識を失い下顎部を強打し、緊急病院に運び込まれた。

怪我の状況は、下顎を6針縫う裂傷と奥歯5本の欠損という全治1週間の怪我。神田氏によると「ふと意識がなくなり、立ちくらみを起こし、次の瞬間は床の大理石の血の海に顔をつっこんでいた」との事。「はじめて救急車に乗れたことが印象に残る」「たくさんの方にご心配をかけました。もう大丈夫です!」とコメントしている。
事故直後から、mixi日記でレポートされたことにより、事故の状況が、随時、知人には報告されていた。
「新たなSNSの利用方法として、自分の怪我や病気、体調を知人に知らせることができる可能性を大きく感じた」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=32687963&owner_id=550

第一発見者のもりかづよさんの日記によると、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=32592695&owner_id=12790
☆誰もが目を離した隙のオウンゴール。
☆dotBARのエントランスの段差に引っかかってコケたらしい(状況証拠より推察)
☆床の大理石の継ぎ目でひどく切ったんじゃないかなぁ(床は血だらけ)
☆ヒドイ酩酊状態と出血、傷口のぱっくり具合により、病院に行くことを決意。
 しかし自立歩行が不可能のため「ヒカルやマヨを呼ぶか」「救急車を呼ぶか」選択を迫ったところ、妙に生き生きした目つきで「救急車!乗ったことないから!」と言われ、本当に救急車を呼ぶ。
☆病院に搬送されつつも、mixiで日記を書き送る。
☆病院内ケータイ禁止のため、PCで原稿興し。
☆神田さん、様子見のため一晩入院。明日(19日)にはdotBAR復帰。
☆神田さんは、結局6針縫った。奥歯がかち割れているらしい。

写真は、救急車で搬送される神田氏。


エントランス部分に広がる血痕(お掃除すみませんでした)
手当てを受ける神田氏。
レントゲンで、骨には異常なし。
全治1週間。
病院には歯科がなかったので、歯科医院で欠損の歯を補強。

hotbladbedrentgenallrightdental