環境基本法(平成5年法律第91号)第16条第1項の規定に基づく騒音に係る環境基準について次のとおり告示する。
 環境基本法第16条第1項の規定に基づく、騒音に係る環境上の条件について生活環境を保全し、人の健康の保護に資する上で維持されることが望ましい基準(以下「環境基準」という。)は、別に定めるところによるほか、次のとおりとする。

第1 環境基準
 1    環境基準は、地域の類型及び時間の区分ごとに次表の基準値の欄に掲げるとおりとし、各類型を当てはめる地域は、都道府県知事が指定する。

地域の類型        基  準  値
       昼  間       夜  間
AA     50デシベル以下 40デシベル以下
A及びB  55デシベル以下 45デシベル以下
C    60デシベル以下  50デシベル以下
http://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html

「アンタッチャブル」は「アンタッチャブル」のままではダメだと思う。